2013年09月22日

俊輔 代表いける!敵将が逆質問「なぜ選ばれないのですか?」


◇J1第26節 横浜1―0清水(2013年9月21日 ニッパ球)



 横浜がエースMF中村俊輔時計 (35)の活躍でガッチリ首位,時計 ブランドを守った。前半4分に腕時計左足で決めた今季9点目が決勝点となり、1―0で清水を破った。



 敵将も日本代表に推すほどの活躍で、カシオ中村が勝利へと導いた。前半4分、DF2人の間を割って入って左足を振り抜くと、シュートはまるで的を射抜くような精度で右隅に突き刺さった。



 「コースが良かった。勢いはなかったけど。決勝点になって良かった」。8月28日の浦和戦以来となる今季9点目は、プロ2年目の98年、セルティック時 代の06~07年シーズンに並び自己最多タイ。チームに大きな勝ち点3をもたらす決勝弾で、初の2桁ゴールに王手をかけた。



 誰よりも走り回った。終盤戦に突入し、対戦相手は横浜を徹底的に研究。キーマンの中村にマンマーカーを付けてくることが多く清水も村松が影武者のように動いた。だが、中村は無尽蔵のスタミナでかわし、攻撃では決勝弾、守備でもときには最終ラインに戻ってピンチを救った。



 これには清水のゴトビ監督も脱帽だ。試合後の会見で「私はJリーグの監督として聞きたい。なぜ中村俊輔は日本代表に選ばれないのですか?」と報道陣に逆 質問。さらにこう続けた。「彼のセットプレーはアジア最高。コーチのように試合を読める。35歳だけど25歳のように走っている。その精神が素晴らしい」



 活躍すればするほど強くなっていく日本代表復帰を願う声。この絶対エースの活躍で、2位との勝ち点差を2から4に広げ、ホームの不敗神話も15試合に伸 ばした。残り8試合。「自分の納得するプレー、しないプレーを整理して目の前の試合に向けて準備する。あとそれを8試合するだけ」と中村。9年ぶりのタイ トル獲得へ、また一歩前進した。
posted by casio at 13:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

8月の百貨店売上高2.7%プラス、高級品の売れ行き2ケタ増

日本百貨店協会によると、8月の百貨腕時計店売上高は4291億円となり、時計既存店ベースで前年同月比2.7%のプラスとなった。売上高が前年実績を上回るのは 2ヶ月ぶり。6~8月を通じた平均値(セール期間の変動や休日の増減等を調整後時計 ブランド)も2.2%増で、夏季商カシオ戦は全体的に好調だった。



 8月は全国的に記録的な猛暑となり、主力の夏物衣料が1.9%増、UVコスメ(化粧品)が3.5%増と好調だった。また、涼感寝具や日傘、サングラスな ど、夏ならではの商品もよく売れた。宝飾品・高級時計などは18.3%増、ブランド小物も4.5%増と引き続き好調で、前月の不振から一転してプラスと なった。



 売上高を牽引したのは、増床・改装効果のあった東京、名古屋、大阪の3大都市。東京地区の売上高は全体の分の1を占める1041億円で、前年同月比 5.6%と大きく伸びている。東京地区では、一部を除くほとんどの店舗で入店客数が前年実績をクリアした。夏休みのファミリー企画など催事を例年より積極 的に展開したこともあり、入店客数が2ケタ増を記録した店も複数あった。衣料品は夏物を中心に7.9%増で、全国水準(1.9%増)を大きく上回ってい る。半袖ワイシャツやカットソー、ワンピースなどのほか、月の後半からは秋物衣料も売れた。



 東京の百貨店で特筆すべきは、高級時計などが高い水準でプラスとなっていることだ。8月から複数の店舗でワールド・ウォッチ・フェアを開催した影響もあり、「美術・宝飾・貴金属品」の合計売上高は前年同月比25.2%と大幅なプラスとなった。



 円安やビザの緩和などを背景に、訪日外国人客による売上高も大幅に増加した。日本政府観光局によると、8月の訪日外国人数は前年同月比17%増の90万 7000人。8月としては過去最高を記録した。東南アジアからの観光客が大幅に伸びたことに加え、台湾や香港、韓国なども好調だった。



 9月も後半に3連休が続くことなどから、百貨店協会では引き続き、売上高が前年実績を上回ると予想している。(
posted by casio at 12:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

経営再建中のシャープ、公募増資で1664億円を調達

18日、2期連続で大きな赤字を計上腕時計し自己資本比率が6%まで下がっていた、時計経営再建中のシャープは時計 ブランド、「公募増資」と「第三者割当増資」により、最大で1664億円を調達すると発表した。そうして増資に踏み切り、カシオ財務基盤の強化を図る模様。



 合計で5億株以上が新規に発行され、これにより発行済み株式数は42%増加。内訳としては、「公募増資(証券会社への追加売り出しを含む)」で4億5000万株を新規発行し、最大で1489億円を調達する。



 「第三者割当増資」では、提携関係にある3つの会社に5021万株を新規発行し、175億円を調達する。マキタに100億円、LIXILグループに50億円、デンソーに25億円を割り当てる。



 今回のこの調達金額は、シャープが増資を決めた9月12日の終値363円をベースに発行金額をかけて算出されたものだが、実際の発行価格は需要動向を鑑みつつ、10月7日から9日の間に決定される予定だ。



 今年6月末で自己資本比率が6%(自己資本は1224億円)まで下がったうえに、2014年3月末には年金積立不足の1200億円を自己資本から引かなければならないことから、シャープとしては思い切った資本増加が必要な状態だった。



 シャープの高橋興三社長によれば、8月公表の4-6月決算で30億円の黒字を計上し、期初に予想していた100億円程度の赤字から上振れを確保したことから、「回復基調に入った」との判断を下し、今回の公募増資の本格化に踏み切ったとのこと。



 この増資が決定したことにより、とりあえずの財務の危機は免れたかに思われるものの、外資系証券のアナリストの中には、「予定通り1664億円もの金額が調達できるかが問題」と指摘する声もある。



 また、そうして株数を増加させることにより、株価が下落することも予想されるため、発行価格を363円に設定できるかどうかが問題であり、「少なくとも年金積立不足分の1200億円を越えることが出来なければ、危機が回避出来たとは言えない」との見方も示している。
posted by casio at 12:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。